セラピールーム耀 よう

心身を調節し統合するセラピー

未来のための今でなく今のための今

2022年3月20日 by Posted in: セラピー


未来のための今ではなく、今のための今

先々のことばかり考えて、現在を落ち着いて取り組めてない生き方がある。

その原因は、学童期に父母が離婚して、将来がとてつもなく不安になり未来を心配し、現在に基軸をおけないからであると指摘を受けた。

今の積み重ねが未来であるのは知っているが、体験からくるトラウマがある。

私は、当時6年、父と母との関係は、完璧に自分のできることはなく無力でああると思っていたが、その想いを父母にぶつけ、自分の心情を形成している過去を書き換えることができる。

そのための父母に自分の想いを伝えるワークをした。

父が出て行ったこの現状を、俺にきちんと説明してくれと母に伝えた。

くやしかった心情をこぶしで座布団に叩きつけながら懇願した。

母はもう父が帰ってこない、違う女性と生活を始めたことを説明してくれた。

俺は納得できない、父を呼んで説明することを求めた。

父は、謝りながら事実を説明してくれた。

俺は抵抗した。あんな女性と別れて、また家族で一緒に暮らそうよ。

キャッチボールもして楽しかったじゃないか。俺にも責任あるのなら、改めるから、帰ってきてよ。

座布団を叩きながら、懇願した。

父と母の謝罪により、事実を受けいれるしかないことを認めざるを得なかった。

離婚してもお前の父である。いつでも会える。会社に電話してこいと父は話した。

わかった、そしたら、毎月第一日曜日は駅で待ち合わせて、いろんな話をしたり、キャッチボールをしに出かような。男と男の約束やで。

2年後父との再会の場面で。お父さん、お母さんが引越しすると言うてるの。俺は、引越しなんてしたくないねん。3人で話をして俺の事情も聞いてよ。

わかった、その場を設けるぞ。

お母さんが、離婚したから環境変えたいのはわかった。俺が反抗してるから、学校で評判の悪い友達と引き離したいやろ。でもな、お父さんが出て出いって友達まで無くなったら、俺は耐えられへんねん。。T君は、そんなやつと違うねん。男気があるええやつやねん。俺な来年中3や、高校も行きたいし、引越しは学校が決まってからでよくないか。T君と同じ高校にいきたいわけやない、彼と時々会える距離の町にしてよ、南は遠くていやだ。

俺な、反抗しているわけじゃないねん。毎日いらいらしてるだけなんや。熱中できるのがあれば、その気持ちを忘れるからそれを探したいや。家出したいくらいやったし、それなら一人で頑張れる全寮制の高校もええと思っているだ、お父さんお金を出してくれるか。

よしわかった、私がなんとかする。

俺の本当の心情と欲求を伝え、父母は俺のことを一番に考えてくれて納得と満足が残った。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

CAPTCHA