セラピールーム耀 よう

心身を調節し統合するセラピー

針のむしろの解消

2021年10月24日 by Posted in: セラピー


17年前、頸が痛くて、温めたり冷やしたりする七掛け湿布で、頸を弛緩させて骨格がゆるみ、体を故障させてしまった。

自分で間違った健康法の選択をした。師にそうしろといわれてやったわけではないが、朝、

腕がしびれる度に昔の師を恨んだ。ちゃんと禁忌を載せておいてくれよ。

受けた恩は、たくさんあり感謝しないといけないと思うのに、ばかやろーと叫ぶ自分が辛かった。針のむしろというのかな。

大きな血管があるところは、注意がいったし、自分の肌肉の状態を知らずにいた。

学び損ねた健康法をしっかり学び直す決心がつくと、恨みは消え、私の辛さは解消された。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

CAPTCHA