セラピールーム耀 よう

心身を調節し統合するセラピー

健康塾2019年4月

2019年4月30日 by Posted in: セラピー


⑤ 背骨                                2019.4.7

脊柱 33個からなり、体幹の基礎をなす

頚椎 7個   cervicalis  C

胸椎 12個  thoracicae TH

腰椎 5個   lumbales L

仙堆 5sacrum S

尾堆 3-4coccygis

背柱の彎曲  正常 S字カーブ

伸展   背骨が反る

屈曲   背骨が丸くなる

側屈   背骨を横に曲げる

頚椎 第1 環堆   後頭下筋群 頭蓋底 後頭掛顆と関節をつくる

2 軸堆   回旋が可能

胸椎 肋骨と関節をつくる

肋骨の挙上と下制 横隔膜の収縮が呼吸をつくる

TH1.2  肺の影響をうける

TH5 . 6  心臓の影響

TH7. 8 . 9 肝臓の影響

TH11. 12 胃腸の影響

L 2     腎臓の影響

脊髄

大後頭孔、第1から第2腰椎の背柱管に脊髄がある。長さは40から45センチ

内部 H型の灰白質:神経細胞体の集まり

白質:神経線維の通り道

腰部

腰神経叢 背柱管TH12~L4 の左右から伸びる

仙骨神経叢 L4.5S1.2.3   上殿神経L4S1 中殿筋、小殿筋  股関節の外転に関与

下殿神経L5S2 大殿筋   股関節の伸展に関与

ナースフル 骨・神経・骨格筋の解剖と働き https://nurseful.jp/nursefulshikkanbetsu/orthopedics/section_0_00/

 

 

自律神経

自律神経は無意識的、不随意的に臓器の活動を調節し身体の内部環境を維持する

脳・脊髄神経は、意識的、随意的に身体の調節を行う。脳神経、体性神経

交感神経 起止細胞は胸髄にあるので、胸髄系とよばれる

星状神経節 腹腔神経節 上腸間膜神経節 下腸間膜神経節   ← 心臓 肺 胃

肝臓 膵臓 腎臓

腸 直腸 膀胱

副交感神経 起止細胞は脳と仙髄にあるので、脳仙髄系とよばれる

交感神経と副交感神経は、臓器の活動にに拮抗的に働き、興奮時や活動時には交感神経が優位になり、安静時には副交感神経が優位になる


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

CAPTCHA