セラピールーム耀 よう

心身を調節し統合するセラピー

健康塾2019年2月

2019年3月3日 by Posted in: セラピー


骨盤内の臓器 

                                            2019.2.2

骨盤回りの表層筋  

大殿筋 股関節を伸展する

中殿筋 股関節を開く 

広背筋 体を支える、反る

腹直筋 体を曲げる、腹筋運動

抗重力筋 重要な姿勢を保持する筋肉

腹横筋、腹斜筋、大腰筋、広背筋、背柱起立筋、多列筋

骨盤底

骨盤底筋が内臓を支える。ハンモック状の筋組織からなり、骨盤の臓器を支えている。

チンパンジー(四足動物)から二足直立のヒトになったことと、大きく関係する。

背骨から下にあった内臓は、直立により骨盤でうけとめるため広くなり、骨盤底が重要になる。

コアは、骨盤底、背骨の内側、腹周りの筋、横隔膜からなる。

骨盤底の臓器は、排泄、排尿、セックスの生理作用に関与する。

肛門括約筋:赤ちゃんは食べたものを貯めておくことができない。腸は出口の開いた管になっていて上から入ってくるものは、なんでも下から出て行くようになっている。時とともに筋肉が発達してきて、(おおよそ24ヶ月)役割を果たすようになってくる。多くの親がそれ以前にプレッシャーをかける。すると幼児は親の期待に応えようとして、自分でコントロールできる括約筋やその周囲の筋肉を緊張させる。

赤筋( 遅筋 )白筋(速筋)

赤筋( 遅筋 ):小さな力を長時間出し続ける。収縮速度が遅いため出力できるパワーは小さいが、疲労しにくく、持続的に力を出していく、筋肉の線維が多い。マグロは長距離移動できる

白筋(速筋):瞬発的に大きな力を発揮する。瞬発力やパワーと関与し、筋肉は大きくなる。

ヒラメは、海の底で瞬発的に獲物をとる。ボディビルダーがダンベルで鍛える、筋肉を遠心性に収縮させる。ジャンプする力。白筋は加齢によって衰えやすい。

動作筋(表在筋、白筋)と安定筋(内在筋で姿勢保持、赤筋)との組み合わせが重要になる。

消化吸収する器官、胃腸

腸の蠕動運動 お腹がよく動くのか

蠕動運動が低下 便秘、食帯

腸を含む内臓と肺は内胚葉によって形成される

内胚葉→ 自律神経に影響している(意志とは関係なく動いている、不随意反応である呼吸)

交感神経 : 吸気、最大緊張   逃げたい(恐怖)、怒り、戦い、アドレナリンとも関与

副交感神経: 呼気、リラックス  逃げることを諦めた時、快楽、泣く、抑うつとも関与

喜びの感情は、交感神経にも副交感神経にも存在する

交感神経、副交感神経のバランスがとれている → 感情の均衡がとれている

内胚葉は、原始的(一時的)感情をもっている 怒り、喜び、悲しみ、恐怖 。 それをもとに複雑な感情がある。

一時的感情は、内胚葉で作られ、自律神経を通って、肺の収縮(呼吸)と腸の蠕動運動(栄養)で身体に伝わる。

自律神経 (交感神経、副交感神経)不随意反応  心臓、腎臓

 体性神経 (運動神経、感覚神経) 随意反応   筋肉

                  半随意反応  呼吸 

中胚葉 (筋肉、骨格、心臓、血管など)

     運動や行動に関係している

     交感神経や副交感神経がきてもかまわない

     

筋肉の3つの働き

 

  ①随意運動  → 自分の意志に関係するもの

  ②不随意運動 → 自分の意志に関係ないもの(血液、血管)

  ③半随意運動 → 半分自分の意志に関係するもの(呼吸)

外胚葉 (頭、皮膚)神経組織に関連している 体性神経(知覚神経、運動神経)

3つの知覚の仕組み

  ①内臓知覚  空腹

  ②筋肉知覚  固有感覚

  ③五感知覚  視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚

赤ちゃんの成長

  感情    →   動き   →  知覚

 子宮、母の乳房   体液、血液   接触感 (音がないと、スペースがないと知覚は育たない)

  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

CAPTCHA