セラピールーム耀 よう

心身を調節し統合するセラピー

「陰陽五行の成り立ち」 通信42号 平成29年4月

2017年3月19日 by Posted in: セラピー


陰陽五行とは古代中国の哲学の元になる原理です。その後易経など四書五経として哲学が形成されていきました。陰陽とは、月と太陽、夜と昼、地と天、女と男、のように「万物を二分」してとらえる考え方です。また長く続くものは滅びようとし、離れているものは統一されるように、「消長する働き」をもちます。そして陰陽を5つのエネルギーに分け五行とします。その起源を説明します。

 古代の世界観は、地球を中心として太陽と惑星があり、その奥に星座があるように見え、それが唯一の宇宙でした。1929年にハッブル氏が天体どうしが遠ざかっていて、宇宙は膨張していることを天体観測で発見しました。現在においても、宇宙には始まりと大爆発があり、今も膨張し続けていると考えられています。
 ガスのような均一の空間から、重力の力でちりが集まり粒になり、粒が集まりかけらとなり、収縮する力で天体が生まれました。天体は収縮すると中心は熱くなり、臨界点を超えると爆発し膨張し大きく外へ広がりました。収縮と膨張を繰り返すことが、宇宙全体を駆動するエネルギーになると科学では捉えています。
 驚くことに、現代の宇宙科学と、古代中国の世界観は矛盾しません。
 古代中国では、天体や自然現象の観察から、宇宙を含めた世界の混沌とした始まりを「太極」とし、広がり膨張する力を「陽」、縮まり収縮する力を「陰」と名づけました。陽と陰もまた二つに分かれ、陽は、「陽中の陽」と「陽中の陰」、陰は「陰中の陽」と「陰中の陰」に分かれます。 
 「陽中の陽」は、陽ばかりで、上に立ちあがる炎のようなエネルギーにみて、「火」と名づけました。「陽中の陰」は陽の中に陰のエネルギーがあり、それは上にも下にも広がっている、それは上に葉を伸ばし下に根を伸ばす樹木のようなので、「木」と名づけました。「陰中の陰」は、下にくだるエネルギーだ、それは雨が降り山から川、海へ流れていくものだ、それを「水」と名づけました。「陰中の陽」は陰の中に陽があり、下降していくエネルギーと上昇するエネルギーがぶつかり固まる、それを鉱物にみて「金」と名づけました。そして四つのエネルギーを併せもった陰陽挟雑(いんようきょうざつ)する力を「土」と名づけました。万物を陰陽に加え、「火」・「木」・「金」・「水」・「土」の5つの要素に分けて捉えるようになりました。(図1)
 夫婦でいえば、男は「陽」、女は「陰」になりますが、女性ばかりの集団の中でのリーダーは、「陽」となります。太陽に照らされる山の南側が「陽」になり、谷下の山では、南が山のかげになり、北側が「陽」となることもあります。陰陽の関係は絶対的なものではなく、相対的なものとみます。またある五行が、ある五行を強める「相生」の関係と、ある五行が、ある五行を弱める「相剋」の関係をもち、相互に影響を及ぼすと想定しました。
 東洋医学では、身体の臓腑を五行に分け、火を心(心臓、小腸)に、木を肝(肝臓、胆嚢)に、水を腎(腎臓、膀胱)に、金を肺(肺と大腸)に、土を脾(脾と胃)とし、心身の気のエネルギーを調和させ病を改善させようとします。
 マクロビオテックでは陰陽のエネルギーの方向は逆になり、収縮する力を「陽」、膨張する力を「陰」とみます。膨張して分散した端は冷たくなるので「陰」と捉え、収縮したらその中心は熱くなるので「陽」と捉えます。食養として食物の陰陽を比べる場合や、人体の陰陽をみるには実際的だと思いますが、本来の陰陽の原理と混同しないようにしてください。
 陰陽五行の説明は鎌崎拓洋氏に習ったものをもとにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

CAPTCHA