セラピールーム耀 よう

心身を調節し統合するセラピー

筋筋膜経線と東洋医学経絡の類似

筋筋膜経線と経絡  アナトミートレイン、調気鍼法より

筋筋膜経線と東洋医学の経絡は、元になるものが違うので比較することはできませんが、

2つのラインはとても、似通っています。興味深いので、のせます。

筋筋膜経線

浅後線

Superficial Back Line

足趾から膝窩、膝窩から眉までの2部

身体を完全な伸展状態に維持し、前方に屈曲することを防ぐ

筋は、収縮速度が遅く持続性の収縮

浅前線

Superficial Front Line

足趾から骨盤までの部、骨盤から頭蓋までの部

浅後線とのバランスをとる

重力線より前方にある恥骨、胸郭、顔面を引き上げるため、頭部から張力で支持

深前線

Deep Front Line

人体の筋筋膜線の中心軸をなす

足底深部からおこり、下腿骨の後面と膝の後ろを通り、大腿内側面に回って、股関節、骨盤、腰椎の前面に行く。さらに、胸部内臓の周囲や内部を通るいくつかの経路を上行して神経頭蓋と内臓頭蓋の下面に終わる

骨盤を介して股関節と深く関わり呼吸の動きと歩行リズムとを連動させる

内側アーチをひきあげる

下肢の格部分を安定させる

腰椎を前方から支える

胸郭を安定させて呼息と吸息を行わせる

頚部と頭部の両方のバランスを保つ

外側線

Lateral Line

身体の両側を走る。足の内側部と外側部の中点から起こる。足関節の外側を回って、下腿と大腿の外側部を上行する。体幹では編み籠状のパタンを示し、耳のレベルで頭蓋にいく。

姿勢では前後のバランスをとる。両側が動くと左右のバランスをとる作用をする。

体幹の側屈、股関節の外転、足の外反など身体の側屈を起こすことに関与

体幹の横振り運動と回旋運動を調節するブレーキの役割を果たす

らせん線

Spinal Line

人体をらせん状に取り巻く。一側の頭蓋から始まり、対側の肩、前に回って起止と同側の、ヒップ

膝、足底弓に行き、次いで背部を上行して頭蓋の筋膜に戻る。

人体を二重らせんで取り巻いて、平面で身体のバランスランを保つのに役立つ。

足底弓と骨盤角とを結び、歩行時の膝の軌道を決定する。

バランスが崩れると、体のねじり、回旋、側方移動を起こしたり打ち消したりする

運動機能は、人体にらせんと回旋を作り出しそれを伝達する

腕線

The Arm Lines

4本の筋筋膜経線が同定される。

①深部腕線

Deep Front Arm Line

②浅前腕線

Superficial Front Arm Line

③深部腕線

Deep Back Arm Line

④浅後腕線

Superficial Back Arm Line

機能線

The Functional Lines

体幹表面を通って、対側の骨盤と下肢へ行く腕線の延長である

他の線と違って、直立姿勢にはほとんど使用されず、運動競技などの活動時に働く。その際

一側の上肢・下肢が、対側の上肢・下肢によって安定化させられ、バランスを取りあるいは強化される。

身体部の表面にあって、日常生活で非常によく使われる筋からなるので、姿勢を維持する機会は最小限しかない。姿勢全体を歪めると前か後ろのどちらかを通って、一方の肩を対側のヒップに近づける

Back Functional Lines

Front Functional Lines

合計で11本の筋筋膜経線があるとアナトミーとレインでトーマス・マイヤー氏が発表した。

経絡

常経は正経ともいわれ、経絡が体表を流注する外経と、体内に入って五臓六腑にめぐっている内径がある。外経には、それらの経絡に属している経穴が配当されている。

経絡には、陰経と陽経があり、陰経は下から上に、陽経は上から下に流注して手足の先に終始する

経絡の名称

経絡は陰陽や三陰三陽説によって分けられ、内径が五臓六腑に属しているところから臓腑の名前がつけられた。

手の太陰肺経、手の陽明大腸経、手の少陰心経、手の太陽小腸経、手の厥陰心包経、手の少陽三焦経

足の太陰脾経、足の陽明胃経、 足の少陰腎経、足の太陽膀胱経、足の厥陰肝経、 足の少陽胆経

  五行

  陰経

  陽経

  木経(肝木)

  肝経

  胆経

  火経(心火)

  心経(君火)

  小腸経

  心包経(相火)

  三焦経

  土経(脾土)

  脾経

  胃経

  金経(肺金)

  肺経

  大腸経

  水系(腎水)

  腎経

  膀胱経

奇経として8つの経絡がある

督脈  尾てい骨(会陰)から 鼻下まで(上歯ぎん)まで

    背柱では椎骨棘突起の間にとる

任脈  尾てい骨(会陰)から 鼻下まで(上歯ぎん)まで

    下丹田、中丹田、上丹田、胸正中を通る

衝脈

帶脈

陽きょう脈

陰きょう脈

陽維脈

陰維脈

鍼灸の手技について

虚(皮膚の張りのなさ、くぼみ)処見か、実(固い、盛り上がり)処見かを触診で判断する

虚には、補法手技を行う。実には、瀉法手技を行う

補法 目的は虚を補って改善する

①補的皮膚鍼:息を吐きながら経の流れに沿って行う。刺手の尺側を患者の皮膚から離さないで行う

②補的散鍼:押し手で、軽く実を作りながら(軽く皮膚をつまむ)35回、とんとんと鍼をつけて、中指で蓋をする。刺手側は、回内外でもよいし、掌背屈でもよい。押し手で、皮膚処見をみておく。

③接触の補法:部分的虚的処見に対して、補法の手技を行う

④浅瀉深補:皮膚と皮下処見は、外虚内実  鍼をゆっくり進めて実を緩めて、表面まで引き上げてとどめて蓋をして補う。

⑤深補浅瀉:皮膚と皮下処見は、内虚外実  鍼をゆっくり進めて置鍼又は、補法、すばやく引き上げて蓋をして補う。深部と浅部の気を交流させる。

瀉法 目的は実を瀉して改善する

①瀉的皮膚鍼:刺手を回外して中指と薬指の間に鍼を構えて、皮膚表面を緩める

②瀉的散鍼:押手の小指球と母指球で皮膚や軟部組織を挟み、皮下を緩める

③接触の瀉法:押手で軽く圧をかけて鍼を抜き、実処見を処理する

④深瀉浅補:す早く目的の深さに鍼を進めて、手技で抵抗を緩めて、皮下表面で鍼をとどめて、ずるずると蓋をしないで抜く。陰実の瀉法の手技をしてもよい。

*外実内虚は①②の手技で対応する。

鍼灸治療の骨盤調整

鍼灸治療の骨盤調整

背臥位 チェック

脚の倒れ方  外顆と床の距離、膝蓋骨の向き

脚の長さ

骨盤の傾きと仙骨の崩れ  どちらが浮いているか 上前腸骨棘と下前腸骨棘

頸 乳様突起をベッド上から触れる 胸鎖乳突筋 頚椎前弯

SLRテスト  どっちが重く感じているか 検査的にどっちが重いか

腹臥位 チェック

両膝を軽く曲げて、脚を伸ばす  内顆のトップの高さを比べる

背柱の盛り上がりを面でみる 実か虚か

頸を回旋させて左右耳のつきやすさ つきにくい方が問題とする、肩甲骨の代償もみる

評価

脚が短くてSLRも重い 実型処見

脚が長くてSLRが重い 虚型処見

頸の向きにくい側と一致か不一致か

治療

側臥位:ST(骨盤調整鍼)の前段階、仙腸関節の横、腸骨陵の下 の評価

散鍼、単刺、置鍼

頚椎鍼 乳様突起付近の頚椎1、2の処置  1は浅く、2は丁寧に抵抗を緩める

腹臥位:天柱、風池 置鍼してもよい

風府、あ門の処置

鍼灸 証決定

鍼灸

証決定とは、治療プロセスの戦略方策である。

第一段階

①体質の陰陽虚実の見極め

陰陽の気を比較して、陰の気の性質が多いのは、陰体といい、陽の気の性質が多いのは陽体と言います。陰陽の気の充実度や働きが多いのを、実体といい、陰陽の気の充実度や働きが弱い身体を、虚体という。陰の実体、陰の虚体、陽の実体、陽の虚体に分けることができる。

骨格や耳で判断する。

陰は遠心性エネルギー、陽は求心性エネルギーで陰気は上り、陽気は下る。

顔の耳孔を結んだ線より上が発達している顔は陰、下が発達している顔が陽。

逆三角形は陰、えらが発達しているのが陽。肉つきが悪いのが虚、よいのが実となる。

耳では、顔と比較して大きいのが陰、小さいのが陽。上の耳介が発達しているのが陰、下が発達しているのが陽。耳介が開いて顔にくっつくようになるほど陰、耳じゅ石痕が開いているのも陰とみる。

柔らかい耳は虚、固い耳は実とみる。

顔色は、白によっているのは陰、赤黒によっているのは陽とみる。

大きい目は陰、切れ長は陽。だんご鼻は陰、わし鼻は陽とみる。

②病の陰陽虚実

病が陽経にあるのは、陽証。病が陰経にあるのは、陰証となる。病証では、正気と病との闘いが強く症状が激しいのを実症、鈍重なのを虚症という。

陽実証、陽虚証、陰実証、陰虚症の4つに分けられる。

第二段階

病症の五行的弁別

臓腑治療では、脈状診で脈の浮沈(形)や邪の有無(性質)をみる。

募穴の反応、期門をみる。浮脈とみるなら基本陽病性である。浮虚なら肝虚証型、浮実なら肝実証型となる。京門に反応があり、内から病が広がっていく陰病なら基本的に脈は沈となる。沈虚とおう気して脈が実になり、沈実のときがある。

肺や脾に症状があり、募穴と一致するかもみる。脈は、陽分のほうが幅があれば浮、陰分のほうが幅があれば沈である。一見脈は浮いているように見えても、中脈を定めて、圧してなかなか消えない、もどりが悪いのは陰分に幅があるので、沈とみる。

第三段階

臓腑治療

肝虚証型か肝実証型、肝肺虚証型、肝脾虚証型

腎虚型、腎心実型、腎脾実型

の証を決定して治療していく。

令和2年8月の想いで

京セラ美術館(旧京都市美術館)で杉本博司さんの瑠璃の浄土展を見てきた。

三十三間堂の千手観音の18枚の写真パネルと真ん中203*308センチの3枚写真合わせの中尊佛。東山の朝日に照まらうされた神々しい仏たち、それは、江戸時代につくられた仏の前の装飾物を全て除き、室町時代に置かれた千手観音が光輝いて、神々しい空間の本堂が出現した。

私の頭の思考は全て止まり、涙が止まらなかった。極楽浄土の世界は、しっかりあるのだと確信した。

室町時代の人々も同じ浄土を見ていたのだ。早く極楽浄土の世界に行きたい、仏様。

これは現実世界の嫌悪ではない。そういう世界があるのだという、地に足がついた揺さぶられる希望なのだ。

7月のワーク

息がすえなくてしんどい。何かを恐れている。

昔の記憶

いま、どこにいますか。

11歳で、ひとりで父親が帰ってこなくなった家のなかにいる

父親もいなくなった、それに加えて母も妹も帰ってこなくて、ひとりぼっちになる恐怖がある。

母親が帰ってきたから勇気をだして聞こう。

もうお父さん帰ってこないの。お母さんとお父さんは離婚するの。どうしてなの。

それは、ぼくのせいなの。ちゃんと答えてよ。

母は、お父さんとは離婚することになった。お前のせいでは決してない。と言う。

どんなことがあっても、私はお前を離さない。お父さんが捨てたのではなく、私が手放さないのだ。でもどこで生活するかは、お前が決めてよいし好きにしたらいい。と言う

悲しいけど、お母さんとお父さんが離婚することは悲しいけど、そのことを受け入れます。

ぼくは、お父さんとそのおばさんと、仲良く暮らす自信がないから、お母さんと妹と3人で暮らすことを選びます。

わかった。お前にとっては、ずっとお父さんだから、好きなときに会いにいったらいい。と言う。

そしたら、どんな方法でぼくは連絡したらよいか、今すぐお父さんに連絡してよ。

わかった。会社でも自宅でも電話してくれたら、お父さんはすぐ約束すると言っているよ。

自由に連絡できるようにしてくれてありがとう。お母さん、もう ぼくは、あ母さんのための優等生をやめるからね。ぼくはね、成長するために、自分のための優等生になって生きていきます。

わかった。

母は泣きながら、応援しますと言う。

わかってくれてありがとう。お母さん大好きだよ。

自己の身体の対話2

その後、左足から左膝の痛みと移行し、膝にサポーターをしてかばった。

左膝との対話が続いた。人のせいにするなという。

左半身は、母親と関係する。

妹の気持ちを考えて、母親のことをどうするか考えて行動しろ。

老人ホーム入所のこと、墓のこと。

解決すべきことがわかり、行動していくと、左膝の痛みは減り、力がはいるようになった。

 

 

 

 

自己の身体との対話

自己の身体との対話

首を弛緩してしまった15年前から、全身の関節がゆるみ不調となった。回復してきたが、左足関節の痛みが再燃した。

身体の訴えを聞き、対話することにした。

 

左足;「待ち続けるのはいやだ」と言っている。 Mさんから教えられた。

以下はその後、発展した身体との対話である。

左膝:「他のせいにするな 俺を大事にしろ」

怒りがある。ばかにするな、俺を大事にしろ

決意もある。足が痛くても俺は好きなことをする

右足:「かばってくれよ、そう無理させるな、無理するなよ 限界もあるからな」

父親が右を通して語る

首;「まだ直ってないぞ」

腕;「しびれるのは、首のせいや」

(いろんなことを勝手に文句をいいよる、しゃべりよる)

腰:「俺もだるくて疲れてる、でもな、引き受けてやるから、まあそう恐がるな」

(上の位にいてはるのかな)

腹:「もうええやないか、許してやれよ」

胸;「泣いている (聞き役)」

恐いような、励まされるような、うれしくて泣いている

 

身体の中に、怒りがまだあるんだ

何に対して許すのか、母親か

うまくいかなかった理不尽なことか、挫折にか、痛みか、この15年にか

成功してない人生にか

いつも逃げているといった、組織のk1先生か

手相見て、ちょっと苦労するなといったk2先生か

もういい サレンダーしたい

お父さん 意識あるときに、話をしたかったな あの世にしかいないけど もう少し待っててな

 

恐さ

反対意見をいわれること、何も答えてくれないこと、無視されること

足が冷えると 気分悪くなる、耐えるしんどさ、昔は、耐えるのが美徳と思っていた。

冷えるとあかちゃんの声が聞きたくない。不快だ。

母のお腹の中が、少し冷えていたんだ。現在のことと、関係があるんだ

 

足と腰と首

しばって直してきた、包帯、サポータ、コレクターやからいっぱい集めた

縛りが長くなると冷える、循環わるくなって気分不良になる

気分不良になると防衛にはいる、より他人の声が聞こえなくなる、赤ちゃんの声も聞きたくない

胎児期のこと、これも防衛

昔も同じ防衛 家族はいない、一人で生きてやる、他人は信用できないと防衛した

 

悟ったこともあるよ

追い込まれて、壁、山にぶちあたったときこそ、救いがある

救いは、思慮をこえている 守護がえ関わること

煩悩即菩提と教えてくれた 昔の師 なぜ恨む 投影していたから父親を 父親を恨んでもいないし、もういない

おかしなこと

悩み煩悩が幸せ、目の前の壁と山が幸せ

私を育てた信仰からの脱却と再帰

自分を守ってくれる家庭がないと思い込んでいたことと、蓄膿症の病から、20年以上にわたりある療法を信奉してきた。最初、その療法は私にとって実行するのが難しかったが、長年の辛抱の犠牲により、信ずる生活態度を確立することができていった。親にかわるべき先生が、特別目をかけてくれていると潜在的に思っていた。15年前の、首の弛緩からくる全身の不調から、だまされたという思いが敵意に変わっていった。首を弛緩したのは、療法の一つとしてあっただけで、先生から実行しろと言われたわけではない。そう思うのは正しくないと頭でわかりながら、恨みを抱くのは辛かった。

その誤解がロロメイ博士の「失われし自我をもとめて」1970を読んで融解した。

世話をしてもらいたいという幼児の欲求は、成人しても残ることが多い。とりわけ宗教を信仰している人にとって強い。生涯をかけて何かをやりたいという並々ならぬ熱意をもつことが、信仰のプラスの側面である。また、そのような人は、「世話してもらう特別な神聖権」というような態度をとりがちである。神があなたを見ていて下さると教えられてきた。神に面倒をみてもらいたいという欲求は、その欲求が阻止されると、ただちに敵意が現れる。そのような人は多くのものを断念しなければならなかった。道徳的判断を下す力や権利も親にゆずらねばならなかった。治療家とか神のごとき親に代わるべきものが、特別目をかけてやらないと、だまされていることになる。

私は、母と別れた父親を先生に投影し、身体が不調になったことで先生と療法に敵意を抱いてきた。全く同じ構造がおこることをロロメイ博士に教えられた。人類共通のものがあるとわかったとき、私は苦しさから開放された。

自閉症の原因仮説


「自閉症スペクトラム入門」のなかで、バロンコーエンさんは、自閉症の原因を5つに仮定して説明している。

この仮説は、まるで普通の人をある面から分析した切り口であり、私にも関与していると思った。自閉症スペクトラムは障害ではなく、偏ってはいるが個性としての特徴ではないか。以下に紹介する。

1実行機能障害仮説

プランの実行や注意の切り替えができず、行動では、新しいプランや見通しを柔軟にこなすことができずに同じところを突っつきまわす状態になってしまうということで、自閉症の常同行動、反復や保続が説明できる。

2中枢性統合が弱い

入力した情報や全体像を相互に関連づけるのが下手で、状況の細部に焦点化する。定型発達の人は、全体を概観視する能力があり、核心を突いた要点に注目できる傾向にある。

自閉症スペクトラム(AS)の人は、情報を統合する能力が弱いので、細部に注目する傾向がある。これは、感覚過敏と関連付けて考えるのがよい。ASの人は音や肌触り、映像などのちょっとした変化をすばやく見つけることができる。

感覚過敏仮説のもとでは、気に障る不快のストレスを最小にするのに、刺激が少ない環境を、学校や家庭、職場で工夫することが大切である。

3マインドブラインドネス-仮説

この仮説は、サリーとアンのような、「心の理論」の発達が遅れていることに焦点をあてている。他者が何をしようとしているのか、ASの人は心の理論が使うえないので、他者の行動が不安になったり、当惑したり不安になる。

この仮説の限界は、他の疾患においてもマインドブラインドネスの態様を示し、ASに特有のものではないということだ。

4共感化、システム仮説

ASの社会性とコミュニケーションの困難について、「共感性の発達の遅れと障害」と「平均異常に強いシステム化」の対比で説明する。システム化とは、分析したり構成したりすることへの、衝動である。システムを定義することは、ルールに従うことであり、システム化するときは、システムがどう機能するか予測するための管理するルールを確立しようとする。

これは超男性脳仮説と関与する。「共感する女脳、システム化する男脳」参考。女性は共感化する能力が優れ、男性はシステム化する能力が優れている。共感とシステム化の2つの次元を仮定しており、一般の人にも個人差がある。

5視覚の背側路(大細胞)障害仮説

視覚の背側路(大細胞)、腹側路(小細胞)のうち、背側路に特異的な機能障害がある。従来、背側路はHOW経路と呼ばれ、この物体をいかに扱うかなどの全体的処理や運動知覚を担うとされる。腹側路は、WHAT経路と呼ばれ、この物体は何か、色や形の知覚を処理する。またWHERE経路がある。

参考文献

サイモン・バロンコーエン「自閉症スペクトラム入門」中央法規、2011

サイモン・バロンコーエン「共感する女脳、システム化する男脳」NHK出版、2005